みらい動物病院 医院長ブログ

日々の生活や、ペットの健康の豆知識などお届けします。 滋賀県大津市を中心に診察している動物病院。夜間診療・往診ご相談ください。 トリミング施設、ペットホテルも併設しております。専用駐車場有。

2013年08月

こんにちは!
大津市のみらい動物病院です。

慌しいお盆も終わり、夏休みもあと少しですね。
学生時代は、この時期は非常に憂鬱でした(笑)




さて、今日は、ワンちゃんの混合ワクチンについてです。

まず最初に、混合ワクチンとは、


任意のワクチンである(狂犬病ワクチンは法律で義務づけられています)
・病気(伝染病)にならないもしくは症状を軽くする為の保険である


このような位置付けにあります。

つまり、混合ワクチンは接種をするかしないかを決定するのは、獣医師でも動物でもなく、飼い主さんに委ねられているのです。


しかし、飼い主さんが接種するかどうかを決めるとは言っても、判断材料がなければ決められないですよね?

そこで、今日は、獣医師の立場から、

・混合ワクチンは接種するべきなのか?
・接種するなら何種を打てばいいのか?

を、書きたいと思います。


【混合ワクチンは接種するべきなのか?】
これは、その子の生活環境によります。伝染病のほとんどは、他のワンちゃんとの接触や排泄物から感染します。
つまり、混合ワクチンを接種しなくても良いのは、一切他のワンちゃんと接触する可能性のない場合です。
お散歩や、動物病院、トリミング、ドッグカフェ、ドッグラン、ドライブなどへは行かず、完全室内生活をしていれば理論上は、伝染病にかかる事はありません。

これ以外の子は、混合ワクチンを接種しておく方が無難(あくまでも任意ですので)だと考えられます。



【何種を打てばいいのか?】
これもその子の生活環境によります。多くの動物病院で接種されているワクチンは、5(6)種ワクチンもしくは、
8(9)種ワクチンになります。

※ここから10行ほどは詳しい話になりますので、読み流していただいても・・・(笑)

5(6)種ワクチンは、犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス感染症、(犬コロナウイルス感染症)の予防が可能となります。
発生頻度や重症度はそれぞれ違いますが、比較的ワンちゃんで見られる伝染病になります。

8(9)種ワクチンは、これらの伝染病に『レプトスピラ病』という病気が加わったものになります。
病気が1種類増えただけなのに
5(6)種→8(9)種に数が増えすぎてますが、『レプトスピラ病』にはいくつかの型(インフルエンザでも、A型やホンコン型などがあるのと同じです)がある為です。


一体『レプトスピラ病』とは何物で予防した方がいいのか?次の3点がポイントになります。

・ワクチンで予防できる伝染病で唯一の(狂犬病除く)人と動物の共通感染症である(動物→人、人→動物という 
 感染が成立する)

・水辺(沼・田んぼ・池など)で感染しやすい

・ネズミが媒介する


どうですか?予防した方がいいのかどうかが何となく見えてきませんか?

偉大なるマザーレイク(琵琶湖)の存在を考えると、滋賀県でのレプトスピラ病の発生は相当多いだろうと思い、
滋賀県家畜保健所が公表している発生状況を調べてみました。

レプトスピラ病発生状況

驚きましたが、ここ3年滋賀県内での発生はないという事なのです。

しかし、ここにも落とし穴があるのです。

レプトスピラ症は、『届出伝染病』に指定されており、獣医師がレプトスピラ症と診断し、それを県に届け出る事で、初めて発生件数としてカウントされます。

つまり、動物病院へ行き、更に、診断がつかない(疑わしいだけではダメ)と、発生件数にカウントされないのです。

そう考えると、実際にはもう少し発生している可能性は捨てられません。

また、レプトスピラ症は、タヌキアライグマといった野生動物の間では感染が増えており、ペットのワンちゃんの間でも、いつ流行してもおかしくないとの報告がされています。



当院では、飼い主さんとお話をしていく中で、その子の生活環境や体質などを総合的に判断し、何種を打った方が良いのかの提案をさせていただいています。

お気軽にご相談下さいね。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付

お盆期間も平常通り診療しております。
8月21日(水)は、臨時休診とさせていただきます。



おはようございます
大津市のみらい動物病院です。

今日は、ペットフード購入時のポイント制導入についてのお知らせです。

当院で取り扱っておりますペットフード(ヒルズ、ロイヤルカナン、アイムス、ドクターズなど)をご購入時に、
1000円ごとに1ポイントつく、ポイントカードを作成しました。

貯まったポイントは、フード購入時に金券としてはもちろん、その他にもご購入頂いているフードに応じた、
動物病院ならではの特典とご交換頂けます

交換可能なポイントは以下の通りです(転載防止の為、見辛くなっておりますがご了承下さい)

フード特典kakou-001

フード特典kakou-002
フードって、毎日必ず口にするものです。
場合によっては、一時的に使用するようなお薬よりも、体への影響を考慮しなくてはなりません

今食べているフードに関するご相談から見直しまで、お気軽にどうぞ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付

こんばんわ
大津市のみらい動物病院です!

夏休み真っ只中ですね。
来院される飼い主さんも小さなお子さんと一緒にという光景が 増えて、何か自分の小さい頃を思い出し懐かしく思います

社会人ともなると夏休みなんて短いもので、当院もお盆期間は臨時休診なしで頑張ります


さて、今日はこの暑い夏を乗り切るため、浜大津で行われていた『滋賀B級グルメバトル』へと行ってきました!

予め食べたいものをピックアップしてメモしてたのですが、そのメモを忘れてしまい、結局は本能の趣くまま、食べたいものを食べまくりました(笑)


まずは前菜に・・・
 近江牛肉巻元祖! 牛烈巻(もーれつまき)

20130804_143817
 う~ん、近江牛があまり活かされてない



次に、モツ鍋好きにはたまらない
近江牛ホルモン唐揚げ ホソカラ
20130804_144239
うんうん、唐揚げは裏切らへんね。外はさくさく中はジューシー美味しく頂きました




ご飯ものが欲しくなってきたので、滋賀県名物バームクーヘン豚を使った
近江銘豚バームクーヘン豚カレー
20130804_144737
これもバームクーヘン豚がメインにしては物足りない・・・
豚の部位にもよるのでしょうかね??




少しお腹も満足してきたので、オヤツ感覚で食べられる

近江牛まんまるコロッケ
20130804_150438
これがね、かなり美味しかったんですよ!近江牛のしぐれ煮の入ったコロッケなのですが、甘みと旨みとホクホク感、さくさく感が絶妙でした!



ここから〆に入っていきます(笑)
長浜“侍”らーめん
20130804_150825
米粉を使った麺だそうで、もちもちの食感です。スープが「〇がきや」っぽくて、僕は嫌いじゃないですね




はい、さらに〆にもう一つ(笑)

近江牛の牛すじ・ホルモン丼
20130804_154040
まあ、これも鉄板の組み合わせですね!
丼で食べたかったです(笑)



そして最後はデザートです。
実は、今回一番楽しみにしていたのがデザートの
朝宮茶スイーツ「あさみや金時」だったのです!
昨年のグランプリをとったカキ氷です。

しかし、会場は野外で一番暑い15時頃来場、
必然的に長蛇の列です・・・




結局食べたのは・・・




コレ(笑)
20130804_154509

「夏祭り」って感じでしょ??(笑)


と言うわけで、他にもお土産なんかもしっかり購入して大満足のひと時でしたとさ


こんばんわ!
大津市のみらい動物病院です。

早いものでもう8月。おかげさまで順調に、みらい動物病院も開院2ヶ月を 迎えようとしております。
今後も動物の為、飼主様の為、そして地域の為、精一杯頑張りますので宜しくお願い致します p(^_^)q

さて、私事なのですが、ここ一年ほど肩コリや首のダルさと付き合いたくないのですが付き合っており、整体や整形外科に通いいろいろと試してきたのですがなかなかスッキリしません。

まあ、日常生活に支障が出る程ではないのですが、重症化してからでは治るものも治らないと思い、
以前より『ゴッドハンド』との噂を聞いていた難波の鍼灸院へと行ってきました。

普段から動物には注射をしているくせに、自分が鍼を打たれると思うとドキドキして眠れなかったのですが(笑)、いざやってみると全然、、、ではありませんが、ほとんど 痛みは感じませんでした

施術後、あんなに重かった首から肩がスッキリしたのはもちろん驚きなのですが、先生の鍼灸治療に対する想い、そして貪欲に勉強をし新しい知識・技術を習得していく姿勢に感銘を受けました。

話し出したら止まらない的な所はあるのですが、この仕事が好きでたまらないという事だと、良いように解釈しておきます(笑)

動物でも椎間板ヘルニアなどで鍼灸治療をされている動物病院もあるのですが、なかなか認知度は低く、また実績としてもあまり多くはないのです。しかし、この先生曰く、動物の方が身体は正直で治療効果は見られるという事です。

そう言われれば、獣医師として詳しく話を聞かないわけにはいきませんよね?(笑)

○基本的に経絡(ツボ)は人間と同じ
○正しくツボを刺激すれば鍼を刺さなくてもマッサージだけでも効果がある


など、有用な話を聞かせてもらいました。

まだまだ、しっかり勉強をしていく必要はありますが、当院でもいずれ動物にもしっかりと効果の見られる鍼灸治療というものを取り入れていければ、治療の幅も広がるのではないかと思っております。

ちなみに、さっそくうちの犬で試したみたところ、
それはそれは気持ち良さそうな顔をしていましたとさ(笑)
画像1




 

このページのトップヘ