みらい動物病院 医院長ブログ

日々の生活や、ペットの健康の豆知識などお届けします。 滋賀県大津市を中心に診察している動物病院。夜間診療・往診ご相談ください。 トリミング施設、ペットホテルも併設しております。専用駐車場有。

2014年02月

こんにちは。
大津市のみらい動物病院です。

朝一番に来院されたチワワちゃんの飼い主さんが、

「ここ2~3日涙が多いんですよね~ 」

と、何気なく話し始められ、ふと外を見てみると、
比叡山にモヤがかかっている・・・

20140226_091450
 
まさかと思い、ネット検索を掛けると、、、








 

花粉情報
 
はい、もう花粉の季節のようです。

更に検索していると、




 中国からのPM2.5、近畿に飛来






という、ニュースが。。。


はい、ダブルパンチです。

アレルギー体質のワンちゃんやネコちゃんは、調子が悪くなる可能性がありますので、
咳・くしゃみ・涙・体の痒み・下痢・嘔吐などがひどくならないか、普段より少し気にしてあげて下さいね。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付 

こんにちは。
大津市のみらい動物病院です。

今日も結構雪が積もりました・・・
今晩は凍結の恐れがありますので、車の運転・ワンちゃんのお散歩など十分ご注意くださいね。



長らくお待たせいたしました(笑) 

今日は猫ちゃんのワクチンPARTⅠⅡです。
続きになりますのでPARTⅠ をご覧でない方は、コチラからどうぞ。


さて、全ての動物病院で安全な不活化(生)ワクチンを接種しているわけではないのには、もちろん理由があります。

それは、、、




ワクチンを接種した部位に、ワクチン関連肉腫という悪性腫瘍 がごく稀に発生する(10,000 頭あたりおよそ1、2頭)という報告がある為です。

この腫瘍は、ワクチンに含まれる基材となるアルミニウムアジュバントに反応して発生すると言われていました。

しかし、最近発表された2つの大規模疫学研究では、
「アルミニウム含有ワクチンがより高い危険性をもたらすという証拠はない」との報告がされています。


要するに、
ワクチン関連性肉腫という悪性腫瘍自体は実際に発生しているが、不活化(生)ワクチンに含まれているアルミニウムアジュバントが原因かは分からない
という事なのです。


ただ、全米獣医学会のネコワクチン関連肉腫対策委員会(VAFSTF)では、


○非アジュバントワクチンを使用すること
○アルミニウム系アジュバントの使用を避けること

を、推奨していますので、当院で接種するワクチンも基本はアジュバントを含まないワクチンを接種させていただいております。


他にも、肉腫の発生しやすい部位への接種を避けるなどの予防もありますので、
興味のございます方は、お気軽にご相談ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付





 

こんにちは。
大津市のみらい動物病院です。

バレンタインデーも近いので、動物のチョコレート中毒についてのブログを書こうとしてたのですが、
このネタは他のブログでもいっぱい取り上げられているのでやめときます(笑) 

今日は、意外と知られていないネコちゃんのワクチンについて書きます。

現在、日本国内でワクチンで予防できる伝染病は、大きく分類すると以下の6種類です。

①猫伝染性鼻気管炎(ヘルペスウイルス)
②猫カリシウイルス感染症(カリシウイルス)
③猫汎白血球減少症(パルボウイルス)

④猫クラミジア症(クラミドフィラ フェリス)
⑤猫白血病(猫白血病ウイルス)

⑥猫エイズ (猫エイズウイルス)
①~③:3種混合ワクチンで予防可能 
④・⑤:5種混合ワクチンで予防可能
⑥:単剤
ワクチン 

ほんとに ざっくり分けるとこの様になり、当院では、
外出する猫ちゃんには5種混合ワクチンを、
完全室内飼育の猫ちゃんには3種混合ワクチンの接種を推奨しています。

と、ここまでは、前置きです(笑)

ワクチン接種とは、その病気を引き起こす病原体(ほとんどはウイルス)を、
弱毒化もしくは無毒化(不活化)したものを体内に入れることで、その病原体に対する免疫力を獲得するというものです。

ポイントは、弱毒ワクチン不活化ワクチンがあり、

弱毒ワクチン
(長所)病原体が生きている為、免疫反応が起こりやすい。(ワクチンの効果が出やすい)
(短所)病原体が生きている為、ごくまれに、発病してしまう可能性がある。

不活化ワクチン
(長所)病原体は死んでいるので、万が一発病するという心配がない。
(短所)病原体が死んでいるので、免疫反応が起こりにくい。(ワクチンの効果が出にくい)

と、それぞれ長短所があります。

ここまでの情報で、弱毒ワクチンと不活化ワクチンどちらを打ちたいと思いますか?

悩みますよね?

では、不活化ワクチンでも、うまく免疫反応が起こる(ワクチンの効果が出やすい)ものがあればどうですか?

もちろん、不活化ワクチンを選びますよね?


現在使用されている不活化ワクチンには、この短所をなくす為に、免疫反応が起こりやすくなる物質(アジュバント)を添加してあります。

では、動物病院はどこでも不活化ワクチンを使っているのでしょうか?

答えは「NO」です。

その理由は・・・


長くなりましたので、続きは次回です(笑)
乞うご期待!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付






 

こんにちは。
大津市のみらい動物病院です。

あっという間に2月です。
2月を乗り切れば・・・、
暖かい春もすぐそこですね。

あるアンケートによりますと、ペットの68.8%は 寒さが苦手という統計が出ております。
20131126_001
まあ、このアンケート自体、「ペット」に聞いたものではなく、「飼い主さん」に聞いたものなので、
飼い主さんの主観での判断にはなりますね。。

実際、飼い主さんは動物が

・震えている
・体を丸めている
・ 水をあまり飲まない


などから、「寒い?」 と、判断される事が多いので、おおよそ正確なアンケート結果だと思います。


さて、その寒さが苦手なペット達ですが、最近飼い主さんから相談をよく受けるのが、
「ストーブの前から動かない」
とか、
「こたつから出てこない」
というものです。

気持ちは分かるのですけどね・・・(笑)

そういう子達で多いのが、皮膚病です。
皮膚が乾燥しすぎることで、皮膚が本来持っているバリア機能が低下し、
バイ菌やカビが増え、フケや痒みといった症状で来院する子が増えています。

image_hada
この場合、闇雲に感染に対する治療(抗生剤の投薬など)をしても、いっこうに良くなりません。
皮膚のバリア機能を回復してあげないと、再発を繰り返します。

大津市のみらい動物病院では、感染予防と皮膚バリア機能の回復を組み合わせながら、最適な治療方法を提案させていただいております。

・フケが増えた?
・皮膚が赤い?痒がっている??
・ニオイがきつくなった?


など、皮膚に関するトラブルがございましたら、お気軽にご相談ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付

 

このページのトップヘ