こんばんわ!
大津市のみらい動物病院です。

またまたお久しぶりです。
このところ朝晩めっきり冷え込むようになり、下痢や嘔吐といった消化器症状で来院する子が増えています。
消化器症状は、様々な病気の1つの症状に過ぎません。
思わぬ病気が隠れていることもありますので、早めに動物病院へご来院くださいね。

さて、本日のテーマは
【その症状ホントにアレルギー??】
です!


当院には、難治性皮膚疾患のセカンドオピニオンに来られる患者さんが比較的多く、様々な症例を診ます。
適確な診断・治療が実施されているのにも関わらずあまり改善しない子(難治性皮膚疾患)もいますが、
中には、雰囲気でアレルギーと診断され、食事療法や投薬を行っているのにあまり改善しないというような子もいます。

皮膚病には様々な原因がありますが、治療において問題となるのが
ステロイドを使うのか?
それとも使わないのか?

です。

以前の記事にも記載しましたが、当院では痒みを抑えるという目的のみでステロイドを使用することはありません。
 
しかし、アレルギー自己免疫性疾患など治療においてステロイドが必要な症例には、ストレスを感じないよう、生活の質(Quority Of Life)を維持するために積極的にステロイドは使用します(もちろん長期間投与になった場合に対応できるよう用量や使用方法は綿密に計画を立てます)。

ステロイドを使うのか?
使わないのか?
 
最も判断材料になるのは、アレルギー検査です。
何に対してアレルギーがあるのかを見る検査です。
しかし、信頼できるアレルギー検査を行うには数万円の費用が掛かってしまう為、気軽には利用できません。

そんな時、当院では、極力費用を抑えてアレルギー体質なのかどうかを見る検査をお勧めしています。
この検査では何に対してアレルギーを持っているのかは分かりません。
しかし、今出ている症状にアレルギーが関係しているのかどうかを判断する事が出来るため(100%分かるわけではありません)、ステロイドを始める1つの目安にする事が出来るのです。
何に対してアレルギーを持っているのかを見る検査よりも、費用も抑える事が出来ます。

・ステロイドを使用することに抵抗がある
・ステロイドを使用しているが効きが悪くなっている

など、ご不安な点がございましたら、当院までご相談下さい。

»お問い合わせはこちらから




しっかり泡立ててスキンケア中
IMG_0095

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付