こんにちは!
大津市のみらい動物病院です。

慌しいお盆も終わり、夏休みもあと少しですね。
学生時代は、この時期は非常に憂鬱でした(笑)




さて、今日は、ワンちゃんの混合ワクチンについてです。

まず最初に、混合ワクチンとは、


任意のワクチンである(狂犬病ワクチンは法律で義務づけられています)
・病気(伝染病)にならないもしくは症状を軽くする為の保険である


このような位置付けにあります。

つまり、混合ワクチンは接種をするかしないかを決定するのは、獣医師でも動物でもなく、飼い主さんに委ねられているのです。


しかし、飼い主さんが接種するかどうかを決めるとは言っても、判断材料がなければ決められないですよね?

そこで、今日は、獣医師の立場から、

・混合ワクチンは接種するべきなのか?
・接種するなら何種を打てばいいのか?

を、書きたいと思います。


【混合ワクチンは接種するべきなのか?】
これは、その子の生活環境によります。伝染病のほとんどは、他のワンちゃんとの接触や排泄物から感染します。
つまり、混合ワクチンを接種しなくても良いのは、一切他のワンちゃんと接触する可能性のない場合です。
お散歩や、動物病院、トリミング、ドッグカフェ、ドッグラン、ドライブなどへは行かず、完全室内生活をしていれば理論上は、伝染病にかかる事はありません。

これ以外の子は、混合ワクチンを接種しておく方が無難(あくまでも任意ですので)だと考えられます。



【何種を打てばいいのか?】
これもその子の生活環境によります。多くの動物病院で接種されているワクチンは、5(6)種ワクチンもしくは、
8(9)種ワクチンになります。

※ここから10行ほどは詳しい話になりますので、読み流していただいても・・・(笑)

5(6)種ワクチンは、犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス感染症、(犬コロナウイルス感染症)の予防が可能となります。
発生頻度や重症度はそれぞれ違いますが、比較的ワンちゃんで見られる伝染病になります。

8(9)種ワクチンは、これらの伝染病に『レプトスピラ病』という病気が加わったものになります。
病気が1種類増えただけなのに
5(6)種→8(9)種に数が増えすぎてますが、『レプトスピラ病』にはいくつかの型(インフルエンザでも、A型やホンコン型などがあるのと同じです)がある為です。


一体『レプトスピラ病』とは何物で予防した方がいいのか?次の3点がポイントになります。

・ワクチンで予防できる伝染病で唯一の(狂犬病除く)人と動物の共通感染症である(動物→人、人→動物という 
 感染が成立する)

・水辺(沼・田んぼ・池など)で感染しやすい

・ネズミが媒介する


どうですか?予防した方がいいのかどうかが何となく見えてきませんか?

偉大なるマザーレイク(琵琶湖)の存在を考えると、滋賀県でのレプトスピラ病の発生は相当多いだろうと思い、
滋賀県家畜保健所が公表している発生状況を調べてみました。

レプトスピラ病発生状況

驚きましたが、ここ3年滋賀県内での発生はないという事なのです。

しかし、ここにも落とし穴があるのです。

レプトスピラ症は、『届出伝染病』に指定されており、獣医師がレプトスピラ症と診断し、それを県に届け出る事で、初めて発生件数としてカウントされます。

つまり、動物病院へ行き、更に、診断がつかない(疑わしいだけではダメ)と、発生件数にカウントされないのです。

そう考えると、実際にはもう少し発生している可能性は捨てられません。

また、レプトスピラ症は、タヌキアライグマといった野生動物の間では感染が増えており、ペットのワンちゃんの間でも、いつ流行してもおかしくないとの報告がされています。



当院では、飼い主さんとお話をしていく中で、その子の生活環境や体質などを総合的に判断し、何種を打った方が良いのかの提案をさせていただいています。

お気軽にご相談下さいね。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付