こんにちは
大津市のみらい動物病院です。

突然ですが、ネコのゴロゴロ音は好きですか?(笑)



私は大好きなんです(笑)

あぁ、心を許してくれてるんやなぁ。。。
と、嬉しくなります。(ネコを飼った事がある人なら分かるはず!)

ところでこのネコちゃんのゴロゴロ音なのですが、実は謎だらけなのです。

◎どんな原理でこの音が鳴っているのか?

◎どんな時にゴロゴロ言うのか?

など、実ははっきりと分かっていないのです。

嬉しい時やリラックスしている時にゴロゴロ言うのは、間違いないのですが、診療をしていると、『何でこんな時に?』
という事が多々あります。

例えば、下痢が酷く脱水症状を起こしているネコちゃんなんかはかなりしんどいはずなのに、
聴診をするとゴロゴロ言っていて、聴きたい音が聴けないなんて事もあるのです。

先日も、前足を骨折したネコちゃん診察していると、ゴロゴロ言っているじゃありませんか・・・
決して動物病院が大好きなネコちゃんという訳ではないですし、ましてや骨折しているのですから痛みも相当あるはず。

以前からこの『不可解なゴロゴロ音』は、気になっていたのでこの機会に調べてみました!
すると、非常に興味深い事が分かったのです。


◎『ゴロゴロ音』には骨折の治癒促進効果や骨を強化する役割がある
→『ゴロゴロ音』の周波数は 27~44Hzで、人間の骨密度を強化する周波数(20-50 Hz)と一致するという。これは上で書いた症例とも一致するし、確かにネコは犬よりも骨折に限らず治癒する時間が短いです。


◎『ゴロゴロ音』は、痛みを軽減する
→これも、周波数が関連しているそうです。ヒトでも実際に言われており、ヒトの場合は50-150Hzの振動的な刺激が慢性の痛みに苦しむ82%の人々で苦痛を軽減した(Lundeberg、1983)という論文も出ています。

ミステリアスですよね。

この記事を読んだネコの飼い主さんは、ネコちゃんの『ゴロゴロ音』を聞いた時に、『嬉しい』のか『しんどい』のかを、ある程度見分けられるようにして下さいね。

ネコちゃんの発する飼い主さんへのSOSかもしれませんので。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付