こんにちは!
大津市のみらい動物病院です。

猫ちゃんにとって尿検査は非常に有用だというブログを書きましたが、
おしっこを液体のまま採るのが難しいという話をよく聞きますので、猫ちゃんの採尿方法をご紹介しますね。



~ご家庭で出来る採尿方法~
1.排尿中に受ける

これが最もポピュラーな方法だと思います。
しかし、猫ちゃんは警戒心も強いのでおしっこを受けようとすると、おしっこをしなくなったり逃げてしまう事があります。

ポイントが1つありまして、おしっこを始めてから受けるということです。
一旦おしっこを始めると、そう簡単に途中で止めるというのは出来ないようで、案外簡単に採尿が出来ます。
ただ、出来るだけ猫ちゃんの体には触れないように、オタマやレンゲ(100均で買えますよ)で受けて、そのまま綺麗なビニル袋や密閉容器に入れてお持ち下さい。

棒の先にスポンジのついた採尿専用具、その名もウロキャッチャーというアイテムも当院にはございますので、ご希望の方はお申し付け下さい。

urokyattya-


youtubeでレンゲを使って採尿している動画がありましたので、アップしておきますね!
寒そう・・・(笑)
 


2.スノコタイプのトイレを使う
これが一番オススメの方法です。
スノコタイプのトイレの場合、ウンチは猫砂とともに固まるのですが、オシッコは砂を通過しスノコの下に設置した吸水マットに吸水されます。文字では分かり辛いと思いますので、下の図を参考にしてみてください。

sunoko

吸水マットを外しておくとそこに尿が溜まりますので、それをビニル袋や密閉容器に移して持ってきてください。
スノコタイプのトイレを買わなくても、目の細かい食器用水切りかごに粗めの猫砂を入れても代用ができますよ。
mizukiri

これらの方法を試してもどうしても採尿が出来ない場合はご相談下さいね。


採ったおしっこは出来るだけ早く(1時間以内)に持ってきてください。
どうしても時間が掛かる場合は、冷蔵庫で保存しておいてくださいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付