こんにちは。
大津市のみらい動物病院です。

暖かくなり、狂犬病予防接種やフィラリア予防、ノミ・マダニ対策で来院の方が増えています。
曜日や時間によっては、長時間お待ちいただく事になっており申し訳ありません。

混雑していても、一件一件丁寧な診療を心掛けておりますので、御了承下さい。


さて、本日は、最近立て続けに呼吸困難の子が来院されていますので、 関連したお話を少し。


咳や呼吸が荒いなど、呼吸器疾患を疑う場合は胸部レントゲンを撮る事が多いです。
重症度や現在の状態によっては、レントゲン撮影が負担になるのですぐには撮らない場合もあります。

胸部だけでなく、腹部や骨などの骨格の場合もそうなのですが、撮影したレントゲン写真を見て診断する(読影と言います)時のポイントって何だと思います?


私の場合は、、、


「ん?何かおかしい??」

と感じる、「直感」が非常に重要だと考えています。

胡散臭いなぁ!
と思われるかもしれませんが、本当に大事なのです。

なぜなら
「ん?何かおかしい??」
と、感じるという事は、「おかしくない画像」がしっかり頭に叩き込まれているからなのです

何千枚・何万枚という数のレントゲンを写真を見てきて、正常な写真をしっかり覚えているからこそ、
「違和感」を感じ取ることが出来るのです。


もちろん、
「ん?何かおかしい??」
だけで終わりませんよ(笑)


おかしいと感じた部分が、なぜおかしく感じるのかを詳しく見ていくことで原因を追求していきます。


では、この直感を少し体感していただきますね。



レントゲンは硬いもの(密度の高いもの)は白く柔らかいもの(密度の低いもの)は、黒く写ります。
要するに、骨や臓器は白くガスや空気(肺など)は黒く写ります。
これを踏まえた上で、まずは下の正常な胸部レントゲン写真をご覧下さい。

正常レントゲン

normal

normal説明

臓器である心臓は白く、空気で充満されている気管や肺は黒く写ります。
肺の一部分が白く写るのは、血管が写っているためです。

この正常写真で、濃淡や各臓器の大きさ、位置関係をしっかりと頭に入れていきます。



では、次の写真をご覧下さい。
レントゲン写真A
zenyou

 正常写真と比べて、何か違和感がないですか?どこが異常かは最後に書きますね!



次の写真はどうですか?
レントゲン写真B
kouyoukage
どうですか?
違和感ありますか?

 

最後はこれです。
レントゲン写真C
shinhidai
どうでしょう?
違和感は感じますか?


それでは正解の発表です!
写真A:肺の前の方(頭側)が白い
写真B:肺の後ろの方(尾側)が白い
写真C:心臓が大きい

どうでしたか?
「ん?何かおかしい??」が、実感していただけましたでしょうか?


読影できるようになれば非常に重宝するレントゲンですが、レントゲン写真だけでは診断はつきません。
どういうことかと言いますと、


肺が白いからと言って、肺炎なのか肺腫瘍なのか肺水腫(肺に水が溜まった状態)なのか、それとも肺での出血なのかなどを判別する事はできません。
同様に、心臓が大きいからと言って、心臓病なのか心臓の腫瘍なのかというような事を判別する事は出来ないのです。


では、どのようにして診断していくのか?


診断するにあたり重要なのは、主訴(経過など飼い主様から聞きとった話)と、今現在出ている症状、そしてレントゲンを含めた検査結果を総合的に判断して、診断をくだしていくのです。

レントゲンを見ただけで、「肺炎です」などのように断定することは出来ないのです


当院ではこのように、診断をくだすにあたって必要な検査を、何の為に必要なのかを飼い主様に説明し、同意を頂いた上で実施しています。意味のない検査は一切行いません。

治療はしているがなかなかすっきりしないなど、ご不安・ご不明な事がございましたら、お気軽にご相談くださいね。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付


臓器である心臓は白く、空気の充満している肺や気管は黒く写ります。 肺の中が一部白く写るのは、肺に分布している血管が写っているのです。 この正常な写真の濃淡や位置関係、太さや大きさをしっかり頭に叩きこんでいきます。 では、次のレントゲン写真をご覧下さい。 正常な写真と比べて何か違和感を感じませんか?