こんにちはヽ(^0^)ノ

今回は抗がん剤治療1回目について記載します。
前回まではコチラをご覧下さい。




前回書きましたとおり、チャチャはドキソルビシンをプロトコールに含んだプロトコルを採用することにしました。

第1週目は
L-アスパラギナーゼ :400IU/kg  皮下注射
ビンクリスチン:0.5-0.7mg/㎡    静脈注射
プレドニゾロン:2mg/kg              経口投与


まず、リンパ腫で落ちてしまった体力をL-アスパラギナーゼである程度回復させ、
その後にビンクリスチンの静脈注射という予定。
プレドニゾロンは、食欲が落ちている間は皮下注射を行いました。
では、時間とともに記載します。

2016.02.10
試験開腹。腸間膜リンパ節の腫大及び、腸間膜と腸管の癒着を確認。
リンパ節の一部を切除し、病理検査へ。

2016.02.12

高悪性度消化器型リンパ腫との検査結果。
直ちに、L-アスパラギナーゼ400IU/kg及び、プレドニゾロン2mg/kgの皮下注射。

2016.02.15
元気・食欲の改善が見られた為、入院をし、ビンクリスチン0.5mg/㎡ で、1時間かけて静脈注射を行う。
投薬後、腫瘍崩壊症候群の発生を少しでも抑えるため、生理食塩水を7時間静脈点滴。

処置後の血液検査結果です

0001
ALT(肝臓)がやや上昇、赤血球の項目が高めなのですが、腸管からの水分吸収が低下していたため、
脱水による影響だと思われます。
心配していたカルシウムの上昇はなかったので、一安心ですが、要経過観察です。

入院・投薬中は、不安からか怯えた様子でしたが、家に連れて帰るとご飯もよく食べ、嘔吐もないようでしたので
よかったです!



08
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付