今回は、チャチャの抗がん剤2回目です。
前回まではコチラをご覧下さい。


前回の1回目の抗がん剤治療は、慣れない場所だったせいもあり、投薬中こそ元気がありませんでしたが、
おうちに帰ってからはすぐにご飯も食べ普段と変わらないような状態でした。
機嫌は悪くなさそう。
IMG_0364


しかし、チャチャのお友達の『みらい』は、匂いがいつもと違うことに気づいたらしく、シャーシャー言って、なかなか受け入れてくれませんでした・・・


翌日からは、仲良くしてくれていたので良かったですが、今後が思いやられます。

さて、抗がん剤プロトコル第2週目は、シクロフォスファミドになります。
今回は血管からの注射で投薬しますが、ネコちゃんの性格によっては、内服薬として処方されることも多いです。

このお薬自体は、腫瘍に対する作用は比較的弱いのですが、取り扱いには非常に気を遣わなければなりません。
催奇形性(妊娠中の胎児への悪影響)発がん性が確認されており、尿中に比較的高濃度に排泄されますので、投薬後にしたおしっこは、手袋・マスクを装着し、小まめに掃除することが必要となります。

また、副作用として、出血性膀胱炎が見られることがあるので、おしっこの色が分かるような2槽式タイプのおトイレの方が管理がし易いと思います。
 

では、前回同様、1回目の抗がん剤投与から2回目の抗がん剤投与までを、時系列で追っていきます。

2016.02.16
1回目の抗がん剤投与翌日です。
昼間は病院へ連れて行かれることを警戒をし、隠れていましたが、夜には夜には普通に接してくれました。
食欲はいつもの半分ぐらい。

2016.02.17~21
昼間は警戒はするものの、病院で着ている服から部屋着に着替えると大丈夫のようです。
食欲もまずまず。病気発覚前ほどは食べませんが、体重維持は出来ています。
以前はしていた「みらい」と夜中の大運動会が見られないのでやはり調子が良くはないんやろな・・・
と、少し落ち込む。

2016.02.22
「にゃんにゃんにゃんの日」なのに、チャチャにとっては地獄の抗がん剤の日。
前回おこなったビンクリスチンの副作用が出ていないかの血液検査を行います。

0001 (4)

白血球の減少や貧血、肝臓・腎臓の数値もなく良好でしたので、いざシクロフォスファミドの投薬開始です。
トイレでおしっこもしてくれましたし、前回よりは少し慣れてくれたかな?
IMG_0414



帰ってからも血尿・吐き気もなく、大丈夫そうですね。
IMG_0411

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付