みらい動物病院 医院長ブログ

日々の生活や、ペットの健康の豆知識などお届けします。 滋賀県大津市を中心に診察している動物病院。夜間診療・往診ご相談ください。 トリミング施設、ペットホテルも併設しております。専用駐車場有。

カテゴリ: こんな時は動物病院へ!シリーズ

ここ最近、『誤飲』での来院・手術が続いていますので注意喚起の為、記載しますね。

『誤飲』とは、食物以外のものを誤って口から摂取してしまう事です。

異物は、基本的に消化ができないので、大きさや形状によっては、胃内にずっと留まってしまったり、腸へ移動すると腸閉塞を起こし、最悪命を落とすという危険性があるのです。

では、誤飲をしてしまった場合、何を目安に動物病院へ連れていけば良いのでしょうか?
答えは簡単。


誤飲したのであれば、それが何であっても直ちに動物病院へご相談下さい!


胃内にものが入ると、早ければ30分も経たないうちに小腸へと流れていきます。
つまり、時間との戦いなのです。

胃内に異物がある状態と、小腸に異物がある状態では、出来る処置も予後も全く違ってきます!


☆胃内の異物

異物の種類にもよりますが、催吐処置(お薬を使って吐かせる処置)を行うことが出来ます。
誤飲のうち、50%以上はこの処置で吐いてくれます。

催吐処置をしても吐かない場合、胃内に異物が残っているならば、内視鏡(胃カメラ)を使用しての異物除去が出来ることがあります(全身麻酔は必要)。



☆小腸内の異物

基本的に、吐かせたり内視鏡を用いて除去することは出来ません。
うまく小腸内を通過してくれればうんちと共に排出されますが、通過できなければ腸閉塞を起こし、開腹手術が必要となります。
もちろん様々なリスクが生じるため、命を落とす事も考えられます。


「誤飲をした」もしくは「誤飲をしたかもしれない」場合は、とにかく出来る限り迅速に動物病院へ連絡をし、獣医師の指示を仰ぐようにして下さい。


ちなみに、誤飲を繰り返す子というのは傾向的に、比較的食に貪欲であったり、好奇心旺盛な若い子に多く、しかも、何度も誤飲を繰り返します・・・

予防は、『口の届く範囲には何も置かない』
これに尽きます。

大型犬であれば、高いところでも簡単に届きますし、器用な子であれば棚や引き出しも開けてしまうかもしれません。
そのような子は、お留守番の時は、ケージやクレートに入れておく方が賢明でしょう(しつけの一環としても非常に重要です)


おうちの中だけではなく、お散歩中にも誤飲してしまうことがあります。
特に夜のお散歩は暗いので、飼い主さんも落ちているものに気づかない事が多いので危険です。

拾い食いをする癖のある子は、口輪をつけてのお散歩も必要になる事があります。
最近はこんな可愛い口輪もありますので、使ってみても良いのでは?


『誤飲』は、多くの場合予防出来るのです。

しっかりと対策を考えてあげてくださいね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付

今回は、今の時期に特に気をつけたい『熱中症』についてです。

ワンちゃんやネコちゃんが体の熱を放散する方法は、 主に『呼吸』です。
人の場合は『汗をかく』事により体温を下げることが出来ますが、ワンちゃんやネコちゃんは、
あまり汗をかきません(汗をかかないわけではないです)。 

その為、特にワンちゃんの場合は 暑い時期は口を開けてハァハァ息をしていますよね。
ちなみにネコちゃんは、もともと砂漠に住んでいた動物と言われており、暑さには比較的強いです。
逆に、ネコちゃんが口を開けてハァハァしている場合は、体温を調節しているというよりは、呼吸器や
循環器(心臓など)に問題がある事が多いので、早急に動物病院へ相談されることをおすすめします



熱中症は、予防することが最重要ですが、
万が一、熱中症かも??
と、思ったら、 次のポイントを早急にチェックしてください。

その前に、
『ぐったりしている』、『痙攣している』場合は、非常に危険な状態です!
すぐに動物病院へ!!


では、チェックポイントです。

1.身体は暑くないか?

2.意識ははっきりしているか?

3.普段より呼吸が苦しそうでないか?

4.嘔吐や下痢(血便)はしてないか?

5.ヨダレが だらだら垂れていないか?



1.身体は暑くないか?
ワンちゃんやネコちゃんの平熱は、お尻の穴で測定して、38度~39度ぐらいです。
おうちで体温が測れるようであれば、普段から測っておくと安心です。
嫌がる子の場合は無理に測ると、直腸粘膜を傷つける事もありますので、先端の柔軟な体温計の先に、ラップなどを巻きつけて測定されることをおすすめします。

『触って普段よりも明らかに熱い』
『体温が40℃を超えている』

場合は、早急に動物病院を受診してください。


2.意識ははっきりしているか?
呼びかけに反応するか(耳が動くか?など)?
目に指を近づけると瞬きをするか?

反応が鈍いもしくは、反応がない場合は、脳にダメージを受けている可能性があります。
早急に動物病院へ!


3.普段より呼吸が苦しそうでないか?
冒頭にも記載しましたが、ワンちゃんは体温を下げるために口を開けてハァハァ呼吸をします。
『ハァハァ』どころではなく、『ゼェゼェ』いっていたり、下の色が紫や白っぽい場合は非常に危険です。
直ちに動物病院へ!

tyautyau
こんな色の舌は危険!
(画像は『チャウチャウ』という種類のワンちゃん。チャウチャは普段から舌の色が紫色なんです!)



4.嘔吐や下痢(血便)はしてないか?
高体温による腸粘膜の損傷や、脳にある嘔吐中枢の刺激の可能性も考えられます。
場合によっては命に関わる事もありますので、ご注意を!




5.ヨダレが だらだら垂れていないか?
熱中症が原因でヨダレが出ている場合は、かなり危険な状態です。
特に、粘調度の高いヨダレであれば脱水も起こしていますので、早めの処置が必要となる可能性があります。



さて、冒頭にも書きましたが、熱中症は予防が最重要です。

短頭種(ブルドッグ系やシーズーなど)と呼ばれる犬種や、寒い地域原産の犬種(ハスキーやセントバーナードなど)、循環器疾患(心臓病や腎臓病)を持っている子は特に注意が必要となります。



予防法ですが、

〇気温(室温)だけでなく湿度にも気をつける
→快適な室温はワンちゃんで22℃~25℃前後、ネコちゃんで25℃~28℃前後、湿度は40~60%とされています。

〇温度変化に要注意
→さほど暑くないのに熱中症で運ばれてくる子がいます。多くの場合、クーラーの効いた屋内から、暑い屋外へ出た事により、体の順応ができずに起こってしまいます。
クーラーの効いた部屋から屋外に出る場合は、クーラーの設定温度を高めにしておいたり、十分に屋外の気温が下がったことを確認してから外出するようにしてください。

また、気温は下がっていても地面(アスファルトやコンクリート)は、なかなか冷めません。
ワンちゃんやネコちゃんは人間よりも地面からの熱に晒されやすいので、注意してください。


〇十分な水分補給を
→動物も、暑すぎると動くのが億劫になってきます。
もちろん喉が渇けば本能的に水を飲みにいきますが、多少の渇きであれば我慢する場合があります。
脱水がおきると循環が悪くなる為、熱中症が起こりやすくなります。
普段よりも水飲み場の数を増やして、こまめに給水出来るように工夫してみてください。

健康なワンちゃんやネコちゃんの飲水量は、体重1kgあたり40~60ccとされています。
体重5kgの子で200~300ccが目安となりますので、一度計測してみてくださいね。

この他にも気をつけておきたいことが色々あります。
分かりやすい表を載せておきますので、是非ご参照下さい。

nettyuusyou


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付


 

さて、本日のテーマは、ワンちゃんやネコちゃんの来院理由として最多と言っても過言ではない
『下痢や嘔吐』についてです。

飼い主さまとお話をしていると、
『動物病院へ連れて行くほどでもないかな・・・』
と、思われていて、重症化してしまったケースなども多いので、取り上げてみました。

動物病院へ連れて行く判断基準のお助けになればと思っています。



皆さんは、おうちの子が下痢や嘔吐をしている時、どのように対応されていますか?

○1食抜いてみる?

○おうちにあった人間用のビ〇フェルミンを飲ませてみる?

○よく下痢や嘔吐はするので、2~3日様子を見てみる?



食べ物が原因で起こる軽い胃腸炎と呼ばれるものであれば、そういった対応で問題ないかもしれません。
しかし、『下痢や嘔吐』が、重篤な病気の1つの症状に過ぎないということもよくあります。

おうちの子が『下痢や嘔吐』をしている場合は、次の項目をチェックしてみてください。


1.何日続いているのか?

2.下痢・嘔吐と飲食は関係しているのか?

3.吐いたもの・下痢便の色はどうか?

4.食欲はあるのか?


では、1つずつ解説をしていきますね。


1.何日続いているのか?

月に1~2回、下痢や嘔吐をする事は、健康な子でも見られることがあります。
そのような場合は、1~2食抜くと、改善方向へと向かうことが多いです。

しかし、2~3日続いているとなると、それは明らかに異常です。
早めに動物病院を受診される事をおすすめします。


2.下痢・嘔吐と飲食は関係しているのか?
これは、かなり重要です。
飲食直後(30分以内)の嘔吐は、飲食したものが原因となって体内で何かしらの異常を引き起こしている可能性があります。

逆に、食べた直後でないのに、飲食物がそのまま出てくるのであれば腸の動きや消化機能に問題があるかもしれません。

また、普段と違う飲食物や、消化できないような物(おもちゃ、衣類、紙、ビニール、プラスチックなど)を口にした後に下痢や嘔吐が見られれば、早急に動物病院を受診するようにして下さい。

ちなみに、胃の中が気持ち悪いとき、ワンちゃんやネコちゃんは、『草を食べる』ことが多いです。
毎日のように草を食べている場合は、一度食事を見直した方が良いかもしれません。


img_example004



3.吐いたもの・下痢便の色はどうか?
吐しゃ物や便にが混じっている、便が黒いなどがあれば、早急に動物病院へ!
幼弱動物であれば、特に危険です。



4.食欲はあるのか?
最重要チェックポイントです。
動物は『死ぬ』という事をしりません。
その為、『生きる』為には『食べなければならない』という事を、本能的に分かっています。
それなのに、『食べない(食べられない)』という事は、体の中で食べられない原因となるような異変が起こっている可能性があります。

img_example001


特に、普段は『食べること』が大好きな子であれば、お早めに動物病院へ行かれることをおすすめします。



いかがでしたか?
動物病院へ行く判断基準になりましたでしょうか?


おおよその費用ですが、
脱水を補う皮下補液に、必要なお薬を入れるなどの処置で、2000円~4000円ほどです。
場合によっては、血液検査やレントゲン検査も必要となる可能性はあります。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付

さて、今回は、なかなか判断が難しい『咳』についてです。



よく問診中に、

「咳はしていませんか?」

と、飼い主さんにお聞きすると、

「咳はしていないと思います」 

と、返ってくる事があります。


しかし、そのまま診察をしていると、診察中に咳をする子が結構います。

これはなぜでしょう? 

決して飼い主さんがウソをついているわけではありません



実は、特にワンちゃんの『咳』は、『嘔吐』や『吐き気』と見間違えられる事が多いからなのです。


それでは、実際にワンちゃんの『咳』をご覧ください。







どうですか?
かな??
いや、吐きそう???
判断が難しくないですか????

しかし、これはまぎれもなく『咳』なのです!


このように、何かが喉に引っかかっていて、それを吐き出そうとしているように見えるしぐさ、
これが『嘔吐』と見間違われやすいワンちゃんの『咳』です。

もし、おうちのワンちゃんがこの様な『咳』をしていれば、次のポイントをチェックして下さい。

A:鼻水が出ていないか?

B:慌てて食べたり、水を飲んだ直後ではないのに咳をしていないか?

C:落ち着いている時(寝ている時など)の呼吸は穏やかか?(目安としては呼吸数が1分間に30回を超えていないか)

D:痩せてきていないか?食欲が落ちてきていないか?

E:寝起きに咳する事が多くないか?

上記A~Eまでの1つでも当てはまるものがあれば、早めに動物病院へ行かれることをおすすめします。


本来『咳』は、気道(喉から肺までの空気の通り道)に、外から入ってきたほこり、煙、ウイルスなどの異物を取り除こうとする生体防御反応です。

img01


つまり、『咳』をするという事は、身体を守らなければならないような異常が起きているという事になります。


通常、動物が『咳』をしても問題ない事が多いのは、あわててものを食べたり、水を飲んだ直後に起こる『咳』、いわゆる『むせる』というものぐらいです(『むせる』事による咳でも、何時間も何日も持続する場合は危険です)。

それ以外の咳は、心臓病・感染症(肺炎・気管支炎など)・腫瘍・喘息など、生命に関わる危険性のある場合が多いのです。

ですので、『咳』をしている場合、『むせている』という場合以外は、早めに動物病院へ行き、原因を特定することが安心だと思われます。

人間でも『咳』が続くとしんどいですし、体力も消耗しますからね。
動物病院へ行かれる前には、動画を撮っておくとスムーズに診察が行えることがありますので、撮影できるようであれば、お試し下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
みらい動物病院は、病気の治療・予防だけでなく、 ペットが日々健康に暮らせるための食事指導やしつけ・マナー、お手入れ方法の指導、動物を通じての子供教育など、ペットとペットオーナーそして地域の方々と共に、ペットと暮らしやすい大津市のみらい(未来)を作っていきたいと考えます。

アットホームで話しやすい、ペットオーナー様が参加出来る、オープンな診療を心掛けております。どんな事でもお気軽にご相談下さい。

»みらい動物病院ホームページ
»みらい動物病院facebookページ

休診日;木曜日、日・祝午後
診察時間:午前9時~12時 午後4時~7時30分
夜間・緊急は随時受付

例年梅雨時期から夏の暑い頃にかけて増えてくるのが、外耳炎など耳の病気や皮膚病です。
今回は、「耳の病気」について書きますね。

動物が耳を気にしている(痒い・痛い・気持ち悪いなど)時の行動には、どのようなものがあるか分かりますか?


1.耳を掻く
これは王道ですね。
掻くことによって、傷つけてしまったり、病原体を耳以外に広げてしまうことがあるので要注意です。



2.床や壁に耳(頭)を擦りつける
 耳垢が溜まっていて気持ち悪かったり、耳の奥の方が気になる時にする事が多いですね。



3.頭を振る
これも結構多いです。
垂れ耳のこの場合は、耳をパタパタする事で、耳介の中の毛細血管が壊れてしまい、
耳血腫という病気になることがあります(耳血腫の原因は、免疫関係の異常という説もあります)。 


もし、上記1~3のような行動が見られれば、動物の耳をチェックしてください。


チェックポイントは、

A:耳介内側の色と腫れ
kennkoumimi
健康な耳の内側は、白色~ややピンクがかっています。
腫れや痛み・汚れといったものもほとんどありません。

miminohare
mimiporipu
健康な耳と比べると、赤みが増し、また、腫れが見られます。
このような場合は、触ると痛がって鳴いたり、熱を感じられることもあります。


B:耳垢の有無
mimikaisen
このような黒い耳垢は、カビ(マラセチア)や耳ダニ(ミミヒゼンダニ)の感染でよく見られます。
適切な処置・投薬を行わなければ、いくら掃除をしても次から次へと耳垢が出てきます。


kanou mimi
黄色~黄緑色の耳垢は、細菌感染が起きている可能性があります。
これも適切な処置・投薬をしなければ、中耳炎・内耳炎へと波及していく危険性があります。


C:耳の中のニオイ
香ばしいような独特のニオイや、化膿しているようなニオイなどは、カビや細菌感染を起こしているかもしれません。


上記A~Cのような状態があれば、早急に動物病院へ行かれることをおすすめします。


では、A~Cのような異常が見られなければ、安心しても良いのでしょうか?
実は安心はできないのです。
次のワンちゃんやネコちゃんの耳の模式図をご覧下さい。

mimikouzou
ワンちゃんやネコちゃんの耳は、まず、縦に真っ直ぐ穴が伸びており(垂直耳道と言います)、途中でほぼ直角に曲がり奥へと続いている(水平耳道と言います)のです。
つまり、外から目視で確認できるのは、せいぜい、直角に曲がるまでの垂直耳道までなのです。


そこから先は、耳鏡という特別な機器がないと確認が難しく、水平耳道だけに限局して異常が見られるということも多くあります。

jikjyou


また、水平耳道の一番奥には鼓膜があり、鼓膜より奥での異常は中耳炎・内耳炎へと悪化していきます。


以上のことから、耳の異常で動物病院へ連れて行く目安になるのは、最初に書きました
耳を気にしている行動
1.耳を掻く
2.床や壁に耳(頭)を擦りつける
3.頭を振る

が、見られた時点というのが安心だと思います。

早期治療が出来れば、治りも早く、再発までの期間を伸ばすことも可能です。

おおよその費用ですが、耳の処置で800円~2000円、お薬の処方で1500円~3000円程度掛かりますので、初回は合わせて3000円~5000円ほど掛かると思われます(お薬の種類や体重により前後します)。

また、外耳炎を引き起こさせない・再発しにくくする日常のケアも非常に重要で、
当院では、VET Solutions イヤークレンジングソリューションによる週1~2回のケアをオススメしております。





 

このページのトップヘ